Skip to content


携快電話

iPhone を導入して以来、もっぱら通話&おサイフケータイとして使ってるドコモの携帯電話との電話帳の同期をどうしようかと考えつつもずっと放置してたんですが、さすがにそろそろ限界を感じた(先日の料理オフの時とか)ので、いい加減その辺を整理することに。

今使っている iPhone と iPod touch の連絡先は Google Sync で同期させて使っているんですが、若干制限があるものの概ね問題なく使えています。パソコンの方から参照する必要があるときも便利ですし、今は使ってないんですが WindowsMobile 端末とかからも同期できるし。

……といっても Google Sync サービスインしてすぐの頃は、(確か)ふりがなが同期できなかったりで日本で使うにはかなり致命的でしたが……。その辺の対応状況も、知らない間に少しずつ改善されている模様。 Google かわいいよ Google 。

で、今回はメインの連絡先管理を完全に Google に移行してしまって、ドコモの端末のほうにはエクスポートした情報を定期的に送り込んでやる方向で管理しようかなーと検討中。ホントにこれで大丈夫かまだよくわかってないですけど。

なんにせよやりたい事が実現可能か調査しようと思い、ずいぶん前に SOURCENEXT の 携快電話ZERO を買っていたのを思い出したので今の PC に入れてみることに。2年前に今使っている P905i へ機種変したときに、諸事情で自分で電話帳を移行させる必要があったんで、ダウンロード版を購入したんですよね。(ケーブルは持ってたので)

公式ページを見たところ、現行バージョンは ZERO の名前が無くなって、ただの「携快電話」なんですね。

動作環境に Windows7 64-bit 版で使えるとあったし、製品サポートにも最近のバージョンで対応したとあったので、アップデートすれば多分大丈夫だろと思ってとりあえずインストール。

手元にあったインストールイメージはバージョンが Ver.10 だったんですが、最新版は Ver.18 だそうで……どんだけメジャーバージョンアップしてるんだこれ。ともかく、オンラインアップデートを何度か繰り返しているうちに、 64-bit 対応した最新版までバージョンが上がりました。

んじゃ早速使おうかと起動したところ


!?

「ええー、どういうことなの……?公式ページの Windows7 対応版ってそういうことなの?」とか思ってしまった。(^^; SOURCENEXT の一部ソフトってサポート期間の長さが売り (?) だった印象があったんですが、 OS のメジャーアップデートのタイミングでパッケージを購入させるようなビジネスモデルだったんですねえ。全然知らなかった……。(全部がそうなのかは知らないけど)

しかしここで挫けては検証が出来ない……。要は Vista 以前の OS で動かせばいいんだなということで、こういう時こそ XP Mode の出番ですねわかります。まさかこんな形で使うことになるとは思わなかった。(笑)

とりあえず XP Mode の環境に入れたところちゃんと動きました。って、こっちの環境だと最新版までアップデートしても製品名が 携快電話ZERO になってる気がする。よくわからん。

ところで、どうやら最近の携快電話は WPF を使用しているらしく、エミュレータである XP Mode 上ではレスポンスはかなり悪いのですが……まあ使えないことはないレベル。とりあえず、ちゃんと携帯電話から電話帳の情報をインポート出来るのは確認しました。

ちなみに P905i の USB ドライバはドコモのサイトにありますね。
http://www.nttdocomo.co.jp/support/utilization/application/foma/com_set/driver/905i/p905i/index.html
これを XP Mode の環境に入れて使ってます。

Windows 7 の環境では特にこのドライバを使ったわけではないんですが、 USB を繋いだだけで普通にドライバがインストールされてました。 OS が標準でサポートしてるのか、携快電話をインストールしたときに何かが入ったのかは分からずじまいですけど。

しかし実行環境整えるまでに時間掛かりすぎじゃよー。orz もう疲れたので検証作業は後日に後回し。

とりあえず仮想環境だとレスポンスも微妙だし、別にそんなに高いソフトというわけでもないのでやりたいことが可能ならば Windows7 対応版にアップグレードしてもいいかなあ。

携快電話 Windows7対応版

携快電話 Windows7対応版 [ソフトウェア]

価格¥ 5,122

出版社ソースネクスト

商品カテゴリーCD-ROM

Supported by amazon Product Advertising API


Posted in Computer.


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.