Skip to content


Aterm WR8700N

いままで自宅の無線 LAN ルータ(正確には単なるアクセスポインタとして使用)として BUFFALO の WZR-AGL-300NH を使っていたのですが、私の環境での使用で若干の不具合がありました。

  • 2.4GHz 11n 有効時 / WPA-PSK(AES) で、 PSP からの接続が行えなくなる(相性?)
  • 任意の SSID / パスワードを設定中は WPA/WEP の同時使用が出来ない( DS で困る)
  • 現在の設定で iPod touch からの接続が一発で上手く出来ないときがある

※ 詳しく検証したわけではないので、ちゃんと設定すれば出来たかもしれません

そんな中、NECアクセステクニカから最近 Aterm WR8700N という新しい無線 LAN ルータが出たのですが、これがなかなか良さそう。

The AWS Access Key Id you provided does not exist in our records.

5GHz 帯 11n/a 及び 2.4GHz 帯 11n/g/b の実質すべてのモードが同時使用可能なモデルで、この価格帯ならなかなか良いんじゃないかなーと。先日店頭で販売しているのを見かけたので、早速買ってみました。アキバヨドバシで 12,980 円でした。もう少し安いお店もありますが、まあポイント還元を考えれば。

本体裏にスイッチがあって、それを切り替えることでルータモード・APモードがすぐに切り替えられます。例によって私は単なるアクセスポイントとして使っているので、ルータとしての機能は評価できませんが、最近のルータにある基本的な機能は一通り網羅していると思います。

APモードだと、ルータ関連の不要な設定が Web ページから消えるのと、工場出荷時の IP の取得モードが変わるみたいです。ルータモードだと DHCP サーバになっているのが、APモードだと「接続したネットワークのサブネット+下が211」という IP アドレスになるみたい。一応 DHCP 見てるのかな? 192.168.100.0/24 なところなら、 192.168.100.211 になるようです。(すでに 211 が居る場合はどういう挙動なんでしょうかね)

4つのマルチ SSID 機能というのは、 2.4GHz/5GHz 帯でそれぞれ2つずつ設定できるということみたいですね。本体裏の USB ポートに HDD 等を繋げば NAS としても動作するのもいいですね。(現状使ってないけど)

LAN/WAN 共に 1000BASE-T になっているので、ちょっとした4ポート HUB としても使えるかなと。ルータとして使っていないので NAT ルーティング性能は分かりませんが、メーカーの計測結果をみる限り、普通の家庭で使うぶんにはまず困らないんじゃないでしょうか。

とりあえず設定をして使ってみたところ、今まで出ていた機器の接続相性も改善して、どれもすんなりと繋がるようになりました。よかったよかった。今まで PSP とか DS を繋ぎたいときに地味に不便してたので……。

今まで使っていた余ったルータは、実家のやつと置き換えることにでもしましょうかね。

ちなみに各無線 LAN 機器の動作検証していたときに、「 Eye-Fi の写真が上手く転送できないなー何でだー」とかしばらく悩んだ結果、単にプロテクトにした写真しかアップロードしない設定にしていたのを忘れていたとか恥ずかしくて言えない……。


Posted in Hardware, Network.

Tagged with .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

Continuing the Discussion

  1. bad dating advice linked to this post on 2019/05/31

    Get Your Ex Boyfriend Back

    Aterm WR8700N



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.